メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古土砂投入「予定通り着手」と防衛相 

閣議後、米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への県内移設に向けて埋め立て予定海域に土砂投入を始めたことを記者団に話す岩屋毅防衛相=首相官邸で2018年12月14日午前10時44分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向けた埋め立て予定海域への土砂投入開始について、「午前8時半ごろ、沖縄県に連絡したと報告を受けている」と述べた。菅氏は、1カ月にわたる沖縄県側との集中協議や安倍晋三首相と玉城デニー知事との会談を挙げ、…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです