メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和条約交渉では日米安保も議論対象 露外務省

 【モスクワ大前仁】ロシア外務省のザハロワ情報局長は13日の記者会見で、日露両国が取り組んでいく平和条約交渉で、ソ連政府が1960年に日本から米軍が全面撤退しない限り、日ソ共同宣言の履行を凍結すると通告した対日覚書と、それに対する日本からの反論を議論の対象にしていくことを明らかにした。

 ソ連からの覚書(60年1月)では安保条約を理由にして「歯舞(群島)及び色丹諸島を日本に引き渡す約束の実現を不可能とする事態が作り出されている」と明記。日本とソ連が56年に結んだ「日ソ共同宣言」に基…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防衛省「最終見解」 にじみ出る不快感 火器管制レーダー照射問題
  2. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  3. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 火器管制レーダー照射問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです