メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和条約交渉では日米安保も議論対象 露外務省

 【モスクワ大前仁】ロシア外務省のザハロワ情報局長は13日の記者会見で、日露両国が取り組んでいく平和条約交渉で、ソ連政府が1960年に日本から米軍が全面撤退しない限り、日ソ共同宣言の履行を凍結すると通告した対日覚書と、それに対する日本からの反論を議論の対象にしていくことを明らかにした。

 ソ連からの覚書(60年1月)では安保条約を理由にして「歯舞(群島)及び色丹諸島を日本に引き渡す約束の実現を不可能とする事態が作り出されている」と明記。日本とソ連が56年に結んだ「日ソ共同宣言」に基…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです