メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、地下教会を吸収 競合区でバチカンが譲歩

 【北京・河津啓介】今年9月に歴史的和解を果たしたキリスト教カトリック総本山のバチカンと中国当局が、双方の系列の教会が司教職を主張して競合する教区について、中国政府系の司教に教区トップの地位を一本化する方式で合意したと関係者が明らかにした。バチカンに忠誠を誓う地下教会の司教を降格・引退させ、政府系司教に譲る方式で、懸案だった地下司教の処遇が明らかになるのは初めて。バチカンが中国に譲歩し、地下教会が事実上、政府系教会に吸収されることを意味する。

 競合地域の一つ、ビン東教区(福建省)の地下神父が14日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(S…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです