子連れ喫煙禁止、店利用者に罰則へ 兵庫・検討委提言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 未成年者や妊婦を受動喫煙から守るため、兵庫県の有識者検討委員会は14日、喫煙できる飲食店などに子どもらを連れて行くことや、公園での喫煙などに罰則を設けるよう井戸敏三知事に提言した。県は提言に沿って受動喫煙防止条例を改正し、来年2月の県議会で改正案提出を目指す。飲食店などの利用者側に罰則を設ける条例が成立すれば全国初となる。

 提言によると、保護者は家庭や自家用車など私的空間でも、子どもらの前での喫煙を禁止。公園や子どもらが参加するイベントの会場、学校周辺なども禁煙とする。罰則について、家庭や自家用車内はプライバシーへの配慮などから慎重意見があり見送ったが、その他の場所は処罰できるよう検討を求めた。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集