メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ、A型「H1N1」が最多 全国流行入り

インフルエンザの予防接種=野田武撮影

 厚生労働省は14日、今冬のインフルエンザの流行が全国的に始まったと発表した。時期は例年並み。流行入りは全国約5000の定点医療機関から報告される患者数が1カ所当たり1人以上となるのが目安で、9日までの1週間は前週より0.77人増えて1.70人になった。この1週間でかかった人は全国で推計6万3000人。

 定点当たり都道府県別患者数は多い順に、香川(4.00)▽北海道(3.96)▽愛知(3.43)▽和歌山(2.90)▽鹿児島(2.76)。東京は1.57、大阪は2.37。検出されているインフルエンザウイルスの種類は、2009年に新型として流行したA型の「H1N1」が最多で、次にA香港型の「H3N2」が多い。昨冬多かったB型は少ない。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです