メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

飲酒運転の怖さ感じて 疑似体験機材、福岡県警が貸し出しへ

 未成年のうちから飲酒運転の危険性を知ってもらおうと、福岡県警は再生ゴーグルを着けて映像を見ることで飲酒運転を疑似体験できるバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)コンテンツを製作した。年内にも警察署に配備し、高校や大学などへの貸し出しを始める。警察がVRを使って飲酒運転撲滅の取り組みを進めるのは全国で初めて。

 「お前、家近いから送って行ってやるよ」。VR映像は男性が飲食店で飲酒した後、未成年の後輩と一緒に車…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文823文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです