メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

老舗のうまみ凝縮、サケの新巻き作り最盛期 岩手・宮古

宮古湾からの海風と冬の陽光にさらされる新巻きサケ。うまみが増すという=岩手県宮古市で2018年12月11日、鬼山親芳撮影

 岩手県沿岸地方で、旬の秋サケを塩漬けにして寒風にさらす新巻き作りが最盛期を迎えている。宮古市藤原の水産加工会社「小が富(おがとみ)商店」(小笠原昌弘社長)では、80本ほどを加工場前で天日干し。

 宮古湾からの海風と冬の陽光にさらすと、うまみが増す。「うちはしょっぱいのが特徴」と同商店の女性。冷蔵庫に…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです