メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺「パワハラが原因」 遺族が館山市を提訴 千葉

 千葉県館山市の元職員の男性が自殺したのは過重労働と上司のパワハラが原因として、男性の遺族が市に慰謝料など計1億4722万円の損害賠償を求めて千葉地裁木更津支部に提訴した。金丸謙一市長は14日、記者会見し、「事実関係を調査して争うべき点があれば争うが、誠実に対応したい」と述べた。

 提訴は10月。訴えたのは2008年10月に自殺した元職員(当時32歳)の妻(43)と2人の子供。

 訴状によると、男性は1999年に市職員となり、06年に市教委生涯学習課に配属された。07年11月から6カ月以上にわたり残業が月100時間を超す勤務状況が続き、08年6月にうつ病と診断された。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 新型コロナ GoToで免許合宿、賛否 観光庁アクセル「問題ない」/識者「公平性考えるべきだ」

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです