メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24 一部の合意を断念、先進・途上国間に相違

 【カトウィツェ(ポーランド)五十嵐和大】2020年以降の地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」の実施指針(ルールブック)採択を目指す国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は14日、最終日を迎えたが、先進国と途上国の意見の隔たりが依然として大きく、温室効果ガスの削減目標の更新間隔など一部の項目についてはCOP24での合意を断念し、先送りすることになった。主要項目での合意を目指し、会期延長を視野に最終盤の交渉が続いている。

 大きな対立点の一つが、途上国に対する先進国の資金支援についてだ。「『資金』の問題は途上国にとって非…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです