メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上原が巨人と再契約、現役最年長に 年俸4分の1 背番号は原点の「19」

上原浩治投手=徳野仁子撮影

 巨人を自由契約になっていた上原浩治投手(43)は14日、東京都内の球団事務所で来季の契約を結んだ。交渉後、取材に応じた上原は「去年は契約が全然決まらず、(年明けまで)延びたが、今回は年内に決まり、ほっとしている」と語った。年俸は1億5000万円減の5000万円で、背番号は今季の11から19になった。来年4月に44歳を迎える上原は来季、現役最年長選手になる見込み。

 上原は10月に左膝の手術を受け、自由契約となった。その後、他球団からのオファーはなかったという。左膝のリハビリは順調で、ジョギングや40メートル程度のキャッチボールも行っており、上原は「4月(シーズン開幕)から1軍のマウンドに立ちたい」と意欲を口にした。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  4. 米のデシャンボーがメジャー初V 松山英樹は17位 全米オープン

  5. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです