メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」

大阪府茨木市で2014年、コンビニ店長らが土下座させられた事件があり、その動画がネットに投稿された。土下座を強要した男らは恐喝罪で有罪判決を受けた=ユーチューブから

 「カスハラ」が深刻だ。客や取引先による過剰で悪質なクレームで企業の従業員が苦しむ「カスタマーハラスメント」の略で、国の労働政策審議会(労政審)でもどんな対策を取るべきか議論となっている。「カスハラ」が広がる背景に何があるのか。処方箋はあるのか。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

顧客から「死ね。殺す」…7割が被害訴え、精神疾患にかかる例も

 「だしがぬるく交換を提案した結果、『水を入れて飲め豚』と言われた」

 「介護サービス中に体形について何度も口にされる。『太っている。汗かきなのに痩せないのが不思議』」

この記事は有料記事です。

残り3324文字(全文3581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです