メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる2019年1月号(2018年12月15日発売)

特別定価460円

★2019年注目ニュース

    もうすぐ2019年。天皇が代替わりして新元号が始まります。参院選、消費税率アップがあり、外交面でも波乱含みです。どんな一年になるのか、重要課題から占います。

    ★本当はかわいいイノシシ

    2019年は亥年。動物ではイノシシが当たります。田畑を荒らす暴れん坊のイメージですが、実際は神経質。頭もよく、なかなかに愛すべき動物のようです。

    ★働く外国人の受け入れ拡大

    深刻な人手不足を解消するため、政府は外国人労働者の受け入れを増やす方針です。彼らのくらしをサポートするためには、どんなことが必要でしょう。

    ★ソーラーカー 未来を開く技術

    太陽光のエネルギーで走るソーラーカーはクリーンな車です。ソーラーカーレースの強豪、工学院大学を訪ね、未来を予想させる新技術を反映した車体を見せてもらいました。

    ★どうなる?「核のない世界」

    アメリカが、中国やロシアと対抗するため、核兵器の配備を進めています。一方で「核のない世界」をめざす国も南半球を中心に着実に増えています。核軍縮は進むでしょうか。

    ★めでたい! 世界の正月料理

    日本におせちがあるように、世界にも正月料理があります。新年を祝う味とはどんなもので、どんな由来があるでしょう。欧米やアジアの例を紹介します。

    ★なくそう 児童婚

    途上国には、小中学生くらいの女の子を裕福な年配男性に嫁がせる「児童婚」があります。少女を家事労働に縛りつけ、教育の機会を奪う悪習ですが、根絶には時間がかかりそうです。

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。どなたにも読みやすいふりがな付きです。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★特別定価460円。書店でどうぞ

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
    4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
    5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです