メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

結晶から分かる上空の様子 形は121種類 自然が作る美を撮ろう

雪の結晶

 雪は天から送られた手紙である--。世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した中谷宇吉郎(なかやうきちろう)博士の言葉だ。自然が作り出すはかない結晶は、美しいだけでなく、はるか上空の様子を私たちに教えてくれる。キミもスマートフォンで結晶を撮影して、冬空に浮(う)かぶ雪雲に思いをはせてみないか?

 ■雪の結晶を主役にした絵本

 雪の結晶というと、6枚の花びらのような形やシダの葉が6本広がった形をイメージするかもしれない。実際には針や鉄砲玉(てっぽうだま)のような形など121種類あるという。

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン期待、東証大幅反発

  2. 英金融情報大手、米S&Pが買収 今年最大、4.6兆円

  3. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  4. 野球殿堂候補 新たに山本昌、谷繁元信両氏ら11人 水島新司氏は辞退

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです