メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

528 中国が「嫦娥4号」打ち上げ

世界初、月の裏側に着陸へ

 中国は、日本時間のさる12月8日午前3時半前、四川(しせん)省の西昌衛星発射(せいしょうえいせいはっしゃ)センターから、月面探査機「嫦娥(じょうが)4号」を発射し、打ち上げは成功しました(写真1、図1)。

 「嫦娥4号」は月の裏側に着陸することを目指しています。これまで、各国のたくさんの月探査機が月を周回しながら、裏側も調べてきました。たとえば日本の「かぐや」も、月を周回しながら観測を行い、精密な地図を作っています(写真2)が、裏側に着陸した探査機はありません。「嫦娥4号」が着陸に成功すると、世界初です。

 月の裏側に軟着陸(なんちゃくりく)しようとすると、探査機は当然自律的に一連の作業をしなければなりま…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです