メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

負の遺産、光に オウム跡地で盲導犬訓練 静岡・富士宮に開設12年

富士ハーネスで生まれた生後約2カ月の子犬たち=静岡県富士宮市の富士ハーネスで2018年10月、高場悠撮影

 負の記憶から希望の場所へ--。平成の日本社会を揺るがした一連のオウム真理教事件は今年7月、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚ら教団元幹部13人の刑が執行され、一つの区切りを迎えた。静岡県富士宮市人穴(ひとあな)の教団富士山総本部跡地にできた日本盲導犬協会の訓練施設「富士ハーネス」は開設から10年を超え、視覚障害者にパートナーを届ける活動を続けている。【古川幸奈、高場悠】

 富士ハーネスは富士山麓(さんろく)に広がるのどかな酪農地帯にあり、2006年に開設された。協会によ…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです