メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

TBS系スポーツニュース「S☆1」 紀平選手の話題に追いついた=やくみつる

 当欄のスポーツ番組担当としては申し訳ないのだが、今季、フィギュアスケートの中継を全く視聴していなかった。冬季五輪の次のシーズンでもあり、殊に女子の方はしばらく過渡期に入るのだろうから、つぶさに追わずとも、まあいいかくらいに高をくくっていたのだ。なのでスポーツ紙の1面などに「紀平」の大活字が躍っても、そんな娘も台頭しているようだと漠然と眺めていたに過ぎない。そして、それがとんだ了見違いと気付くのは、肝心のグランプリファイナルの後というお粗末。

 浅田真央選手以来という、ファイナル初出場で初優勝を遂げた後は、どのニュースやワイドショーも紀平梨花…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです