メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新春福袋

平成最後、福よ来い 名古屋初売り、1億円袋 増税前需要に期待

 名古屋市内の主要百貨店で、2019年の新春福袋の目玉が出そろった。来年10月に予定される消費増税を見据え、各店ともに駆け込み需要を期待した高額商品を用意するなど、平成最後の福袋商戦に向けて気合十分だ。

 名古屋三越栄店(同市中区)は「半端ない福袋」をテーマに、目玉として商売の神様「えびす様」の純金製置物(約15キロ)を1億円で販売予定。1億3000万円相当で、平成に販売した福袋としては最高額という。

 また、「2019年」や「平成31年」にちなみ、2019万円や3100万円の一戸建て住宅の福袋も用意…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文736文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです