メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園へ、トライ!

全国高校ラグビー/下 北北海道代表・旭川龍谷 持ち味はスタミナ /北海道

 ベンチ入りメンバー中、身長180センチ、体重90キロを超える選手はそれぞれ1人ずつ。やせ形の選手が目立つがチームの持ち味はそこにある。湯口龍雅主将(3年)は「FWからBKまで一体となり、60分間走り続けられるのが強み。最後にはスタミナの差で勝てる」と話す。全員が身につけている持久力は週に2、3回、外練習後に行う「校舎ダッシュ」にあるという。校舎の端から端、1階から3階までを周回するコースを25周し、最も速い林海斗選手(2年)は18分台で走り切る。

 俊足を生かした流れるようなパス回しも魅力だ。攻撃の起点となるのはHBを務める双子の兄・高橋航晟(3年)と弟・泰晟の両選手。SO航晟がBKに指示を出して試合を操り、SH泰晟が好機を作って攻め込んでいく。2人とFB湯口主将を含む9人が「旭川ラグビースクール」の出身。スクールで彼らを指導していた龍谷OBの松藤朗さん(45)も現在、学校事務職員として勤務しながら、チームの指導に携わる。「彼らは小学生のこ…

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文2025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです