メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この家に

原発事故7年9カ月/中 飯舘と福島の二地域居住 渡辺とみ子さん(64) 嫁いで43年、心の古里に /福島

改築した自宅前で渡辺とみ子さんは「ここに来ると、理屈抜きに落ち着きます」と話している=飯舘村飯樋で

村の自宅で民泊の夢描き

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が昨年3月末に解除された飯舘村飯樋の農業、渡辺とみ子さん(64)は村の自宅を改築し、避難先の福島市との二地域居住を続けている。村に嫁いで43年。当初はなじめなかったこの村を「今はここが心の古里」と胸を張って言えるようになった。村の自宅を使った新たな夢も描いている。

 小高い丘に真新しい木造平屋が建っている。カボチャ栽培をしたり、郷土料理のオードブルを作って飲食店が…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです