栃木市

文化芸術館 新しい基本設計を発表 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 栃木市は14日、5月に就任した大川秀子市長が見直しを指示した文化芸術館(仮称)について、一部2階建てとする新しい基本設計を発表した。延べ床面積を当初比3割減の2371平方メートルに縮小して実施設計を改める。

 基本設計によると、通常の展示室は3室構成を維持するが、総面積は当初案から51平方メートル減…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

注目の特集