メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行政ファイル

来春の県議選など日程決まる /兵庫

 県と神戸市選管は14日、来年6月が任期満了の県議選と神戸市議選を、来春の統一地方選と同一日程(3月29日告示、4月7日投開票)で実施すると発表した。阪神大震災で任期が2カ月延長されて以来、特例法により統一選での実施が認められてきた。同様の特例が認められた西宮市議選、芦屋市長選・市議選も両市選管が4月14日告示、21日投開票を決めている。いずれも次の任期は統一選に合わせて2カ月短縮されることが決まっている。

この記事は有料記事です。

残り5文字(全文210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです