メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古市義士祭

子ども四十七士、勇壮の討ち入り 義士行列 篠山 /兵庫

勇ましいときの声を上げる子どもたち=兵庫県篠山市古市で、丸井康充撮影

 赤穂四十七士討ち入りの日に当たる14日、恒例の「古市義士祭」が、篠山市古市にある義士の一人でやりの名手、不破数右衛門ゆかりの宗玄寺とその周辺で繰り広げられた。呼び物の子ども義士行列では、近くの市立古市小学校の児童ら約40人が討ち入り衣装を身にまとい、所々で「エイエイオー」と刀を抜いてときの声を上げ、約3キロを練り歩いた。

 江戸へ下る際、数右衛門は、両親と実子2人が身を寄せていた宗玄寺に立ち寄り別れを惜しんだ。決行を悟っ…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです