メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

193募金

難病、広く知る機会に 仁川学院高、協力呼び掛け /兵庫

「193募金」に協力する明石商高の生徒ら=兵庫県明石市魚住町長坂寺の同校で、浜本年弘撮影

 「難病という文字がなくなってほしい」。全身の筋肉などが骨に変わる難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」と闘う明石市の山本育海(いくみ)さん(21)の思いを受け、市内外の高校生らが14日、難病研究を支援する「193(いくみ)募金」に一斉に取り組んだ。

 市立明石商高(明石市魚住町長坂寺)では生徒会を中心に2、3年生約15人が登校時に募金への協力を呼び掛けた。生徒会長の2年、堀寿充(ことみ…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです