メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
余録

<それはまるで…

[PR]

 <それはまるで、独楽(こま)の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に>。俳優でイラストレーター、リリー・フランキーさんのベストセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の書き出しだ▲オトンと別れ、ボクを女手一つで育ててくれたオカンとの物語はリリーさんの自伝的小説。北九州市生まれのボクは何かが変わると思って上京し、やがてオカンを呼び寄せるが、がんで亡くす。母と息子の深い絆を描く作品の大事な場面で東京タワーが登場する▲開業は経済復興が進む1958年。長嶋茂雄さんが巨人に入団した年だ。展望台に上ればハワイが見えるといううわさも流れた。あれから今月で60年を迎える▲東京スカイツリーができても首都のシンボルであり続けた。入場者は1億8000万人を超えた。今年春にはリニューアルされた特別展望台もオープンした▲入院中のオカンの手鏡に、ライトアップされた美しいタワーが映る小説の場面がある。ほほ笑むオカン。映画では樹木希林さんが演じた。九州から駆け付け、窓越しにタワーを見ているオトン。その2人と二つのタワーを見ているボク。<バラバラに暮らした三人がまるで東京タワーに引き寄せられたかのように、ここにいた>▲東京は地方の若者を吸い寄せてきた。夢がかなった人、ついえた人。久しぶりに東京タワーに上って眼下の街を眺めれば、若いころの自分と出会えるかもしれない。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

    2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです