メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

報復関税停止 米国車、来月から3カ月

 【北京・赤間清広】中国政府は14日、トランプ米政権の対中制裁に対する報復措置として米国車に課している25%の追加関税を来年1月1日から3カ月間、暫定的に停止すると発表した。米中の貿易戦争で中国側が報復関税の停止を表明したのは初めて。中国側は1日にアルゼンチンで開かれた米中首脳会談の合意に基づく措置と説明している。

 首脳会談では、米国が来年1月1日に予定していた対中制裁強化を見送る代わりに、来年2月末まで90日間の期限付きで通商協議を始めることで合意した。トランプ氏は首脳会談直後から、中国が自動車関税引き下げに合意したと明かしており、今回の措置が対中制裁強化を回避する条件だった可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです