メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
土記

フェイクにしては=青野由利

 <do-ki>

 先月末、香港の国際会議で「ゲノム編集ベビー」の誕生を公表した中国の賀建奎(がけんけい)氏はその後どうしているのか。所属大学によって「軟禁状態」という話も、中国政府が調査中という報道もあった。

 独立した第三者が両親と双子の遺伝子を解析すれば真偽はわかるはず。それまでフェイクである可能性はぬぐえないが、ネットにあふれる専門家のコメントを見ていると「残念ながら試みたのは事実」という見方が強いようだ。

 ひとつの理由は「フェイクにしてはデータがひどい」から。おさらいをすると賀氏が編集した(と主張してい…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1004文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです