メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制大綱

未婚ひとり親支援 「家族観」自公に溝 折衷案で合意

 2019年度税制改正で、未婚のひとり親支援を巡り自民党と公明党の家族観の違いがあらわになった。公明は、配偶者と死別・離婚したひとり親向けの税制措置が未婚に適用されないのは不公平だと主張したが、伝統的家族構成を重視する自民党は「未婚の出産を助長しかねない」として一部譲歩にとどめ、折衷案で決着した。公明は20年度改正で改めて要求する構えだ。【村尾哲、浜中慎哉】

 14日の与党税制改正大綱決定で、自民党の宮沢洋一税制調査会長と公明党の西田実仁税調会長が共同記者会見。宮沢氏は「関係者が悩みながらやった」と述べて協議難航を認めた。一方で「考えに若干の差はあるが、与党として長い経験があり、互いに納得できる結論だ」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです