元徴用工訴訟

文氏「解決模索する」 日韓議連に説明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ソウル渋江千春】超党派で作る日韓議員連盟の額賀福志郎会長らは14日、韓国の青瓦台(大統領府)で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と会談した。大統領府によると、文大統領は、元徴用工を巡る訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の確定判決について「韓国政府は時間をかけて政府の関係部署や民間、専門家を集めて解決方法を模索していくつもりだ」と述べ、慎重に対応していく意向を明らかにした。

 文大統領は、日韓の慰安婦合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」解散の発表についても言及。「財団はずいぶん前から活動と機能が停止され、運用や維持費だけ支出されてきた。残余金などは本来の趣旨に合う用途で活用されるよう、日韓が協議できればいい」と理解を求めた。また、「両国の政治指導者たちが両国民の友好的な情緒を促進させて奨励させなければいけない」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文480文字)

あわせて読みたい

ニュース特集