メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

「移民ではない」で済むのか=論説委員・野沢和弘

 日だまりの中で日本語の新聞を何度も読んでいる女性に会った。ブラジル・サンパウロ郊外の介護施設を訪ねたのは、日本がバブルに踊っていたころだ。

 日本の地名の付いた通りがいくつもあった。貧しい日本人高齢者は教会で保護されていた。若い3世は日本への出稼ぎで得た金でサンパウロ市内に歯科医院を開業すると夢を語った。

 第二次大戦の前後に日本は人口膨張による食糧難を解消するため、海外への移民政策を進めた。私の祖父母も太平洋を渡った。ベネズエラで生まれた母は開戦前に日本へ戻った。ベネズエラ人と結婚し、現地で暮らす親族は何人もいる。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです