メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

昭和史ブーム 6回目の予感=保阪正康

コラージュ・松本隆之

国民性確認の好機に

 私的な感想になるが、平成から次の時代への代替わりに何回目かの昭和史ブームが訪れそうな気がする。私はカルチャーセンターなどで定期的に講演を続けている。そういう教室に若い世代が増えた。昭和史関連の書が全体に売れる傾向にあるというし、特に30代、40代で関心を持つ人たちが多いと聞く。確かに私も的確な質問を受けることが多い。

 たとえば30代とおぼしき男性から、「戦後の社会はあの戦争批判が皮相的すぎるように思う。軍部が、とい…

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2067文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです