メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

昭和史ブーム 6回目の予感=保阪正康

コラージュ・松本隆之

国民性確認の好機に

 私的な感想になるが、平成から次の時代への代替わりに何回目かの昭和史ブームが訪れそうな気がする。私はカルチャーセンターなどで定期的に講演を続けている。そういう教室に若い世代が増えた。昭和史関連の書が全体に売れる傾向にあるというし、特に30代、40代で関心を持つ人たちが多いと聞く。確かに私も的確な質問を受けることが多い。

 たとえば30代とおぼしき男性から、「戦後の社会はあの戦争批判が皮相的すぎるように思う。軍部が、とい…

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

  4. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです