メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

東名あおり事故懲役18年 無謀な運転を強く戒めた

 常軌を逸した行動が招いた重大事故だ。厳しい判断が示されたのは当然である。

     昨年6月、神奈川県の東名高速道で、あおられて追い越し車線に無理やり停車させられた車に大型トラックが追突し、夫婦が死亡、娘2人がけがをした。あおり運転で事故を誘発したとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた被告の男に対し、横浜地裁は懲役18年を言い渡した。

     危険運転致死傷罪は、運転中の行為を罰するという構成になっており、停車させた後の事故でも適用され得るのかが焦点になった。

     判決は、度重なるあおり運転が、危険運転の実行行為に該当するとした。その上で、被告が強引に車を停車させ、被害者の夫に暴行を加えた行為は、それ以前のあおり運転と密接に関連していたと認定し、同罪の成立を認めた。

     夜間で交通量の多い高速道路での行為だったことも重視した。「強固な犯意に基づく執拗(しつよう)な犯行だ」と、悪質さにも言及した。

     あおり運転は、割り込みや幅寄せなどによって相手を怖がらせ、停車させる目的で行われることが多い。一連の行為を流れの中でとらえ危険運転とした結論は妥当である。

     今回のように第三者を巻きこんだ多重事故につながる危険性も高い。取り締まりの強化が欠かせない。

     警察庁は、事故をきっかけに、全国の警察に捜査の徹底を指示した。相手に接近しての嫌がらせは、道路交通法違反の「車間距離不保持」で摘発している。1~10月の摘発は9864件で、昨年同期の倍に上った。特に悪質性の高い15件は、傷害や暴行の容疑を適用した。

     啓発活動も重要だ。車に乗ると、感情の抑制が利かず、怒りっぽくなる人もいるだろう。警察は、免許取得時や更新時などの講習の機会を通じ、あおり運転が重大事故を招くことを説明し、ドライバーの自覚を促すべきだ。

     被害者の長女は法廷で、「どれだけ涙を流しても両親には会えない。厳罰に処してほしい」と訴えた。判決はあおり運転の抑止につながる効果もあろう。無謀な運転によって取り返しのつかない結果を招いた事故の教訓を改めて社会で共有したい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
    2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
    3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
    4. さぬき市 2温泉10月廃止方針 入浴施設以外は存続 /香川
    5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです