メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者殺害 米上院「皇太子に責任」 決議案を採択

 【ワシントン会川晴之、カイロ篠田航一】米上院は13日、サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が殺害された事件で、サウジのムハンマド皇太子が個人的に責任を負うと非難する決議案を全会一致で採択した。また、米政府に対しイエメン内戦でのサウジへの支援停止を求める決議案も56対41の賛成多数で採択した。カショギ氏殺害事件を受け米議会にはサウジへの圧力強化を求める声が高まっており、今後も制裁法案などの審議が続く予定だ。

 決議案の成立には下院の承認が必要となる。下院は、民主党が与党となる来年1月以降に審議を始める予定だ…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文672文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです