メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者殺害 米上院「皇太子に責任」 決議案を採択

 【ワシントン会川晴之、カイロ篠田航一】米上院は13日、サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が殺害された事件で、サウジのムハンマド皇太子が個人的に責任を負うと非難する決議案を全会一致で採択した。また、米政府に対しイエメン内戦でのサウジへの支援停止を求める決議案も56対41の賛成多数で採択した。カショギ氏殺害事件を受け米議会にはサウジへの圧力強化を求める声が高まっており、今後も制裁法案などの審議が続く予定だ。

 決議案の成立には下院の承認が必要となる。下院は、民主党が与党となる来年1月以降に審議を始める予定だ…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです