メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「現代の書 新春展」来月3日から

[PR]

 毎日書道展を代表する作家の新作を紹介する「2019現代の書 新春展」を来年1月3日から9日まで、東京都中央区銀座の和光ホールとセントラルミュージアム銀座で開催します。入場無料。

     出品者は次の通りです。(敬称略)

    和光ホール24人展=午前10時半~午後7時(3日は正午~午後6時、9日は午後5時閉場)。6、7、8、9日の午後3時からギャラリートーク。

     <出品者>中野北溟、大井錦亭、岸本太郎、小山やす子、菅野清峯、山崎暁子、米本一幸、中村雲龍、石飛博光、遠藤彊、片岡重和、鬼頭墨峻、辻元大雲、仲川恭司、中原志軒、永守蒼穹、船本芳雲、堀吉光、松井玉箏、室井玄聳、柳碧蘚、赤平泰処、薄田東仙、下谷洋子

    セントラル会場100人展(65歳以下の作家から選抜)=午前10時~午後6時(3日は正午から、9日は午後5時閉場)。6、9日の午後1時から作品解説。7、8日の午後1時から席上揮毫(きごう)。

     <出品者>赤澤寧生、赤冨士北祭、阿部一皋、雨宮春聲、荒井智敬、飯田桂子、池谷天外、池田光希、池野直美、生駒蘭嵩、石川昇玉、井上都洞、猪股眠丁、内門律華、卯中恵美子、大隅晃弘、大多和玉祥、大槻吟風、尾形澄神、奥村章、小田川大岳、小野恵子、加藤有鄰、金敷駸房、金丸天放、金子大蔵、神郡弘道、川合玄鳳、川上善生、川口雄峰、川邉艸笛、川本大幽、神田浩山、菊池春苔、工藤永翠、熊谷咸集、上月通歳、後藤啓太、駒崎流芳、金野美和子、齊藤恭平、斎藤大麓、佐伯方舟、阪口大儒、櫻井松阜、佐藤有苑、佐藤義之、佐野玉帆、島村操、菅井松雲、鈴木響泉、鈴木史鳳、鈴木大有、鈴木裕美、鈴木不倒、高野清玄、鷹野理芳、竹澤彰一、谷川玉峰、種家杉晃、千葉蒼玄、千代倉桜崖、津本泰水、寺田白雲、田鶴崖、長尾泰邨、仲田史、中野蘭芬、中村小汀、滑川佳苗、西墨濤、西方純晴、西野桃笠、西村水穰、西森翠香、日守菜穂子、野口岱寛、蓮見光春、初見太清、原田凍谷、藤巻昭二、星野聖山、細田秋僊、枡田真実、松浦北龍、松尾治、松崎礼文、丸尾鎌使、三浦士岳、三田隆雲、望月大弦、森桂山、八重柏冬雷、八木花海、矢田照濤、山崎玄剛、山田起雲、吉田成美、若林久美子、渡邉之響

     主催 毎日新聞社、毎日書道会

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

    2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

    3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

    4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです