メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 土砂投入 阻止「諦めぬ」 市民1000人抗議

辺野古沿岸部の埋め立て予定海域への土砂投入を前に、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議する人たち=沖縄県名護市で2018年12月14日午前7時16分、野田武撮影

 沖縄の強い反対の声に寄り添うことなく、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事が進む名護市辺野古の海に14日、ついに土砂が投入された。移設先として浮上してから約20年。多くの県民が守り抜こうとしてきた「宝の海」が政府の埋め立て強行によって青い輝きを失おうとし、沖縄の怒りや悲しみは激しさを増すばかりだ。【比嘉洋、佐野格】

 県内移設に反対する多くの人たちが抗議の声を上げた辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前には、埋め…

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文1911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです