メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワハラ

企業に防止義務 法改正案「行為禁止」盛らず

 厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会の分科会は14日、職場でのパワハラについて法律で企業に防止措置を義務づけることなどを盛り込んだ報告書を了承した。労働施策総合推進法を改正して対策を強化し、パワハラを「許されないもの」と明記する。政府は関連法改正案を来年の通常国会に提出する。

 労働者側は、ハラスメント被害で自殺に追い込まれたケースなどを示し、パワハラ行為自体を法令で禁じるよう主張してきたが、かなわなかった。パワハラと長時間労働で精神疾患になったとして、労災申請した経験を持つ三菱電機の男性社員(33)は「これではパワハラ被害は今後も起こり得る」と訴える。

 男性は「説教部屋」と呼ばれる狭い会議室に上司と二人きりにされ、「こんなの子供でもわかるぞ」「よくこ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文707文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです