メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワハラ

企業に防止義務 法改正案「行為禁止」盛らず

 厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会の分科会は14日、職場でのパワハラについて法律で企業に防止措置を義務づけることなどを盛り込んだ報告書を了承した。労働施策総合推進法を改正して対策を強化し、パワハラを「許されないもの」と明記する。政府は関連法改正案を来年の通常国会に提出する。

 労働者側は、ハラスメント被害で自殺に追い込まれたケースなどを示し、パワハラ行為自体を法令で禁じるよう主張してきたが、かなわなかった。パワハラと長時間労働で精神疾患になったとして、労災申請した経験を持つ三菱電機の男性社員(33)は「これではパワハラ被害は今後も起こり得る」と訴える。

 男性は「説教部屋」と呼ばれる狭い会議室に上司と二人きりにされ、「こんなの子供でもわかるぞ」「よくこれで博士号が取れたな」などと能力や経歴をけなされたという。100時間超の残業を強いられ、休職を余儀なくされた。労働基準監督署は長時間労働による労災を認定したが、パワハラは「証拠不十分」として認定されなかった。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです