メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

警察の騎馬隊(手前)が警戒するなかオペラ座前に集まる「黄色いベスト」デモ参加者たち=パリで2018年12月15日、賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】フランスの反政権運動「黄色いベスト」が15日、5週連続となるデモを実施した。マクロン大統領が最低賃金の引き上げなどの「譲歩」を表明後の初のデモで、事態収束に向かうかどうかを占うことから、参加者数などが注目された。

 仏テレビによると、同日正午(日本時間同日夜)ごろまでにパリでは、数千人がデモに参加、85人が拘束された。

 パリではこの日、前回8日のデモと同様、8000人の警察官とともに装甲車や放水車が配備された。凱旋(…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです