メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「バツイチ」ならぬ「没イチ」 先立たれた妻の分もと華やかにランウエー

「没イチの会」の男性メンバーによるファッションショー。イタリアの高級ブランドを着て、仕掛け人の小谷さん(左から4人目)とともにカーテンコール=東京都港区の弘法寺で12月9日、和田大典撮影

 離婚した人は「バツイチ」だが、配偶者に先立たれた人は「没イチ」と言うらしい。亡き妻の分まで人生を謳歌(おうか)しようという男性6人のファッションショー「没イチ メンズコレクション」が9日、東京都港区の弘法寺で開かれた。「孤独」「かわいそう」という世間の固定観念を覆すべく、あえてイタリアンカジュアルや高級ブランド服を着こなし、ランウエーで軽やかにターンして見せる60、70代の男性たち。「男やもめにウジがわく」なんてもう、言わせない!【統合デジタル取材センター/小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り4593文字(全文4830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです