メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

東名あおり、懲役18年 「強固な犯意に基づく執拗な犯行」 判決要旨

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突されて夫婦が死亡した事故の裁判員裁判で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた石橋和歩(かずほ)被告(26)に対し、横浜地裁は14日、懲役18年(求刑・懲役23年)の実刑判決を言い渡した。深沢茂之裁判長は「何度も止められたにもかかわらず妨害運転や暴行に及んでおり、強固な犯意に基づく執拗(しつよう)な犯行である。突如生命を奪われた被害者の無念さは察するに余りある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り5276文字(全文5517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです