メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日光山輪王寺ですす払い 1年のほこり落とす

本堂の三仏堂で本尊のすすを払う僧侶たち=栃木県日光市の日光山輪王寺で2018年12月14日、花野井誠撮影

 栃木県日光市の世界遺産・日光山輪王寺で14日、「煤払(すすはらい)供養」が行われ、僧侶たちが金色の三本尊にたまった1年間のほこりを落とした。

 本堂の三仏堂で、すすを払う間だけ本尊の魂を一旦仏の世界に戻す「発遣(はっけん)作法」の儀式を執り行った後、白装束の僧侶が長い竹ほうきを使って、高さ7メートル…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです