メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年用の縁起物の準備が最盛期 長野・諏訪大社

販売する縁起物を点検する諏訪大社のみこ=長野県下諏訪町の諏訪大社下社秋宮で2018年12月14日、宮坂一則撮影

 長野県の諏訪大社で、新年用の縁起物の準備が最盛期を迎え、みこたちが作業に追われている。20日から上社本宮(諏訪市)と前宮(茅野市)、下社秋宮と春宮(下諏訪町)で販売を始める。

 縁起物は開運扇を新たに加えて16種類を用意。来年のえとの亥(い)にちなんで開運絵馬と扇絵馬に描かれるイノシシは茅野市出身の…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです