メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

奇岩上空に流れるふたご座流星群 本州最南端の和歌山・串本

橋杭岩の上に現れた、ふたご座流星群の火球=和歌山県串本町で2018年12月14日午後8時57分、平川義之撮影(5秒間露光)

[PR]

 3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が14日夜、出現のピークを迎えた。本州最南端の和歌山県串本町では、海に大小約40の奇岩が並び立つ名勝・橋杭岩(はしぐいいわ)の上空に流れ星が多数現れた。

 今年は夜半ごろから月が沈んで暗くなる好条件となり、雲が少なかった太平洋側を中心に全国で観測された。

 ふたご座流星群は、かつて彗星(すいせい)だった小惑星「ファエトン」から放出された大量のちりが地球の大気に飛び込んで光を放つ現象。毎年この時期に、ちりが残るファエトンの公転軌道に地球が差し掛かり、流れ星が多数現れる。【阿部周一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです