メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新春福袋 三越栄店は「半端ない」 名古屋の百貨店出そろう

名古屋三越栄店の目玉福袋である1億円の純金製置物=名古屋市中区で、斎川瞳撮影

[PR]

 名古屋市内の主要百貨店で、2019年の新春福袋の目玉が出そろった。来年10月に予定される消費増税を見据え、各店ともに駆け込み需要を期待した高額商品を用意するなど、平成最後の福袋商戦に向けて気合十分だ。

    ジェイアール名古屋高島屋の2019万円の福袋に入るダイヤモンドネックレス=同店提供

     名古屋三越栄店(同市中区)は「半端ない福袋」をテーマに、目玉として商売の神様「えびす様」の純金製置物(約15キロ)を1億円で販売予定。1億3000万円相当で、平成に販売した福袋としては最高額という。

     また、「2019年」や「平成31年」にちなみ、2019万円や3100万円の一戸建て住宅の福袋も用意。同店の担当者は「平成最後にふさわしい金額、品格、こだわりの福袋や、平成の思い出になる福袋を数多くそろえた」と胸を張る。

     ジェイアール名古屋高島屋(同市中村区)は、ダイヤモンドネックレス(2160万円相当)とスポーツイベントの特等席チケット3試合分をセットにした商品を2019万円で販売する。ダイヤやルビー、サファイアなど宝石31点(1000万円相当)が入った500万円の福袋も用意している。

     松坂屋名古屋店(同市中区)は、体験型に力を入れる。「平成最後!バブリー体験福袋」として、中区のディスコ「マハラジャ名古屋」でのDJ(ディスクジョッキー)体験福袋3100円や女子会福袋3万1000円などを抽選販売する。

     名鉄百貨店本店(同市中村区)の目玉は、夫婦がもう一度愛を誓い合う儀式「バウリニューアル」の福袋だ。ホテルでのセレモニーや記念撮影、高級レストランでの食事、夫婦の思い出の曲入りオルゴールなどのセットを21万6000円で用意。担当者は「子供から両親へのプレゼントとしてもおすすめ」と話している。

     初売りは各店とも来年1月2日。【斎川瞳】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

    2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

    3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

    5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです