メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し
記者のこだわり

障害とともに(1)~難聴のある弁護士

信頼する同僚であり先輩でもある西尾弁護士(左)と談笑する久保さん

スマホとマイクを持って法廷へ

 「久保弁護士、お願いします」。11月上旬、ある民事裁判がさいたま地裁で開かれた。書記官に促され、弁護士の久保陽奈(はるな)さん(39)は傍聴席から法廷の柵の中に入った。スマートフォンを机の上に置き、書記官を通じて裁判官の前にマイクを設置。「原告が訴状を陳述しますね」。裁判官の発言から数秒――。その間、久保さんは目を落としてスマホに流れる文字を確認し、「はい」と答えた。同じようなスマホを通じたやり取りが続き、滞りなく閉廷した。 

 「当職は、両耳高度感音性難聴のため、聴覚障害を補う機器を使用することを許可願います」。裁判が開かれ…

この記事は有料記事です。

残り3442文字(全文3722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです