メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

障害とともに~難聴のある弁護士

信頼する同僚であり先輩でもある西尾弁護士(左)と談笑する久保さん

スマホとマイクを持って法廷へ

 「久保弁護士、お願いします」。11月上旬、ある民事裁判がさいたま地裁で開かれた。書記官に促され、弁護士の久保陽奈(はるな)さん(39)は傍聴席から法廷の柵の中に入った。スマートフォンを机の上に置き、書記官を通じて裁判官の前にマイクを設置。「原告が訴状を陳述しますね」。裁判官の発言から数秒――。その間、久保さんは目を落としてスマホに流れる文字を確認し、「はい」と答えた。同じようなスマホを通じたやり取りが続き、滞りなく閉廷した。 

 「当職は、両耳高度感音性難聴のため、聴覚障害を補う機器を使用することを許可願います」。裁判が開かれ…

この記事は有料記事です。

残り3442文字(全文3722文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです