メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

「ダウン症で良かった」 親子の絆深めた「涙の般若心経」 書家・金澤翔子さんの母が横浜で /神奈川

 ダウン症の書家で国内外で活躍する金澤翔子さん(33)の師であり母の泰子さん(75)が、横浜市立港南台ひの特別支援学校で保護者や地域住民向けに講演した。障がいの告知に絶望した過去や「障がい者の親子」として孤独に暮らした経験に触れながらも「翔子はちっとも悲しんでいるわけじゃない」と気づかされ、前向きに母子で歩んできた半生を紹介。「今は障がい者だとは思わない。ダウン症で良かったと思える」と語った。【堀和彦】

 泰子さんは1977年に書家・柳田泰雲に師事、90年に東京都内で書道教室を開設。現在は東京芸術大学評…

この記事は有料記事です。

残り1206文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです