メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のきもち

「自滅」の言葉胸を刺す /神奈川

 「自滅だな」。10月に山梨県で開かれた秋季関東地区高校野球大会で県勢の学校の試合を取材中、相手校のベンチからこんな一言が聞こえてきた。県勢校のエースは立ち上がりから制球に苦しみ、失点を重ねた。この大会の成績は来春のセンバツ出場校の選考で重要な参考資料となる。県勢校は優勝候補といわれていたこともあり、スタンドからはどよめきが起きた。

 春から高校野球を取材し、球児たちが悔しい思いをする姿を何度も見てきた。「神奈川の強豪で野球がしたい…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです