メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中部社会経済研

東海3県、2030年に労働力不足37万人と試算 生産年齢人口が年々減少 「外国人活用が必要」 /三重

 中部圏社会経済研究所は14日、東海3県(岐阜、愛知、三重)で2030年に37万人の労働力不足が見込まれると発表した。少子高齢化で経済を担う15~64歳の生産年齢人口が減少。不足分は40年には82万人、50年には130万人と拡大する。研究所は「不足を補うには女性や高齢者に加え、外国人の活用が必要になる」としている。

 1995年度以降の経済成長率の年平均1・4%を保つのに必要な労働力を試算。30年は598万人で、現…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  4. 小池祐貴9秒98 日本選手3人目9秒台 陸上男子100、ロンドンで
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです