メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

銘板追加 そっと手を合わせ 遺族ら「悲しみ自分だけじゃない」 /兵庫

「慰霊と復興のモニュメント」に献花する遺族=神戸市中央区で、山田尚弘撮影

 「これで肩の荷が下りた」「親孝行ができたかな」--。1995年1月17日の阪神大震災で犠牲になった人たちの名前を掲示する「慰霊と復興のモニュメント」に15日、7人の名が新たに刻まれた。参列者は愛する人の在りし日を思い浮かべ、銘板を壁に貼り付けた。【木原真希、反橋希美】

 「父もやっと母と祖母と一緒になれて喜んでくれていると思います」。神戸市西区の魚住輝美さん(63)は、父の中尾哲男さんの名前を銘板に追加し、そっと手を合わせた。

 震災前、父は長田区の自宅で母聖恵(まさえ)さん(当時62歳)と二人暮らしをしていた。近所に住む母方…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです