メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火入れ

許可申請、周知を オンブズ、三田市に勧告 「野焼きと線引き必要」 /兵庫

 三田市オンブズパーソンは14日、森林に近い場所での大規模な野焼きは森林法で許可が必要な「火入れ」に該当する場合があるとして、市に野焼きと火入れの線引き基準をつくり、農家が無許可で行わないように周知するよう勧告した。【粟飯原浩】

 森林法は延焼防止を目的に、火入れには首長の許可が必要で、違反した場合は20万円以下の罰金を科すと定める。同法施行令ではその範囲を森林の周囲1キロと規定。また、市は1989年に申請の手続きや焼却可能な面積、方法などを定めた条例を制定している。

 野焼きの煙害に苦しむ市民が今年9月、これらの規定に基づく市長への許可申請が出ていないことや無許可状…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです