メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私は望む

’19知事選/6 山陰インバウンド機構代表理事・福井善朗さん(61) 観光振興、民間の力活用 /鳥取

山陰インバウンド機構代表理事の福井善朗さん=鳥取県米子市末広町で、横井信洋撮影

 --旅行代理店、大学教員、公務員とさまざまな立場で観光に携わってきた。

 代理店が主に手掛けるのはマスツーリズム。全国の温泉旅館、ホテルでよく出てくるのはカニ、エビ、マグロで、地のものではない。どこへ行っても安心感はあるが、特色は薄い。受け入れ側も楽だ。一方で地のものをアピールするのは、口で言うほど簡単ではない。季節や天候によって使える食材は異なり、それなりの手法や覚悟が求められる。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1150文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです